MENU

豊橋市 おがわ歯科医院
診療時間






予防歯科PREVENTION

予防歯科について

豊橋市の歯医者 おがわ歯科医院では、80歳で20本以上の歯を残す、8020運動行っております。
歯の本数は親知らずを含めると32本あります。ある新聞社の報告書では80歳で歯が4本以下になってしまった方と、20本以上残っている方とでは、年間の総医療費が年間11万円以上も差が出るという調査報告があります。

8020達成した方は総医療費が少ない

8020達成した方
  • 食事を心から楽しめる
  • 元気に外出されている
  • 歯の多い方は健康寿命が長い
  • 大病を患いにくいので、寝たきりの方が少ない

80歳で多くの歯を失った方は総医療費がかなり多い

80歳で多くの歯を失った方
  • 食事が楽しめない機会が増える
  • 寝たきりの方が比較的多い
  • 大病を患いやすい
  • 痴呆の発症リスクが上がる

各年齢における歯の残存数の違い

定期検診と歯の残存数の関係 定期検診と歯の残存数の関係

このように予防は非常に重要ですが、毎日歯磨きだけでは虫歯や歯周病に対して十分な予防ができません。
日本の80歳の方が平均的に残している歯の本数が約13本というデータからもご自宅での歯みがきだけでは限界があります。
それは虫歯菌や歯周病菌など様々な菌がお互いに連鎖し合って『バイオフィルム』という膜となるからです。
このバイオフィルムは歯磨きでは取り除けません。定期的にプロによる機械的なクリーニングにより、虫歯や歯周病を予防できます。プロの技術によって隅々まで痛みなく歯にダメージを与えず清掃します。

予防歯科

成人でも97.7%の確率で
歯を守ることができる

30年後の残存歯数

このグラフは、歯科先進国スウェーデンで“成人に対する30年にわたる長期予防臨床研究”で実証された事実です。
当時30~50代だった 患者さんが、正しい自己管理によるブラッシング(セルフケア)と個々のリスクに応じた定期健診・歯石取り・PMTC(プロフェッショナルケア) を続け、30年後の60~80代になったときの残存歯数を比較しています。
最も高齢のグループであっても30年間に失った歯はわずか1.8本、トータルで見ると1本にも満たないのです。

痛くなってから慌てて歯科にくるのではなく、痛くなる前、ひどくなる前から一緒に予防していきませんか?ぎりぎりまで我慢するのは、歯にとって本当によくないことです。
ずっと自分の歯で過ごしたい・・・
と思うならば予防歯科は欠かすことの出来ない大切なことです。

新着情報

診療日カレンダー

Instagram・Facebook

インスタグラムおがわ歯科医院公式アカウント
フェイスブック
おがわ歯科医院 おがわ歯科医院

〒440-0853 愛知県豊橋市佐藤4丁目39−2

0532-26-4182 ネット診療ご予約
診療時間
9:30~13:30 /
14:30~19:00 /

【休診日】木・日・祝 ▲=14:30~18:30
※祝日のある週は木曜日も診療

求人情報

Copyright© Ogawa Dental Clinic All Rights Reserved.